20120410175947






昨日からテアトル新宿にて公開中の 
映画太郎EXTRA2012feat田辺弁慶映画祭にて
新作2作と過去作が上映されます。



4月30日(月・祝) 21時〜
「次の、夏」
「It’s a small world」(新作)
※幸修司監督「ダークシステム」も同時上映


5月9日(水)21時〜
 「次の、夏」
「It’s a small world」(新作)
※幸修司監督「ダークシステム」も同時上映

5月11日(金)21時〜
「制服哲学」(新作) 
※天野千尋監督「ゆく人、くる人」も同時上映



映画太郎EXTRA2012feat田辺弁慶映画祭



次の、夏





「次の、夏」は2008年に撮った作品で4年越しのお披露目となります。
当時、胸キュンな作品ばかり撮っていて
周りから「あいつは胸キュンしか撮れない」みたいな目で見られるのが嫌で
撮ったものの、内容が重過ぎてどこも上映してくれませんでした。
近藤圭子も、葛上昇悟も、前川桃子も、
米元信太郎さんも、真砂豪さんも、潮崎博志さんも
この作品で出会いました。
皆さん、四年も待たせてしまいすいません。





It’s a small world



「It’s a small world」はできたてほやほやの作品。
少女の勇気のお話です。
出演キャスト全員が質の高いお芝居を見せてくれました。
そして、主演の渡辺恵怜奈、素晴らしいです。





制服哲学



「制服哲学」も、出来立てほやほやの作品。
3月31日で女子高生じゃなくなってしまう少女の、葛藤と懺悔の話です。
誰も教えてくれなかった制服の持つ意味を、追求し、出し尽くしました。
話を考えている途中、散々悩んで、「俺は一体何を目指してるんだ?」と自問自答を繰り返し
それでもこれは今描かなきゃダメなんだと言い聞かし、難産の末に産まれた作品です。

撮影は全編地元、南足柄市と小田原市。
いつもの風景だったはずの風景が、いつの間にか懐かしい風景になっていた事が
あまりに悲しく、大人になった自分を再認識しました。

撮影後は完璧に、燃え尽き症候群に陥りました。